鎌田先生のトマト寒天レシピ

お腹いっぱい食べてもカロリーゼロで太らない、我慢しなくてもダイエットできる「トマト寒天」。ここでは、鎌田先生により広まったこのトマト寒天のレシピ・作り方をはじめ、何故効果を発揮するのかなどを解説。ダイエットだけでなく、美容・美肌・メタボリックシンドーロム、糖尿病、高脂肪血症に効果的です。

鎌田先生の「トマト寒天」、レシピを考えたのは

かつてテレビ「主治医が見つかる診療所」でも紹介され、苦も無くダイエットできるということで、今まで色んなダイエットで失敗した方にも人気なのが、鎌田先生が提唱する「トマト寒天ダイエット」です。しかし実は、トマト寒天ダイエットは、鎌田先生が一から考え出したわけではなく、トマト寒天自体を考え出したのは、長野県にお住まいの主婦の方なのです。
長野県といえば、一人当たりの医療費が全国一安い県です。そしてその中でも、茅野市は安いことでしられています。何故に茅野市の医療費が安いのかですが、住宅医療への取り組みや、市民の食生活への改善意識の高さなどがよく言われています。
そんな茅野市で考え出されたのが「トマト寒天」なのです。実はトマトと寒天は、両方とも長野県の特産物で、特にに茅野市の寒天は、全国シェアの50%以上と、なんと半分以上茅野市の寒天が占めているのです。
ここに住んでいるある主婦の方が、地元の食材であるトマトと寒天を美味しくいただくために考えたのが「トマト寒天」です。そしてこのトマト寒天は美味しいだけでなく、糖尿病等の生活習慣病予防やダイエットに優れた効果を発揮します。

鎌田先生の「トマト寒天」、まずは寒天のダイエット効果に注目

トマト寒天まずは「寒天」に着目してみましょう。寒天は海藻から生まれるもので、ノンカロリーで食物繊維が豊富な食材です。なんと寒天の8割以上は食物繊維が占めているほど、たくさんの繊維を含んでいます。この食物繊維の特性としてよく知られているのが、摂取すると、水分を吸収し、お腹の中でふくらみ、それによって満腹感を得ることが出来るというものです。カロリーがゼロなうえに満腹感が得られるということで、トマト寒天にかぎらず、寒天はダイエットの友として、メタボリック症候群の改善用として人気の食材です。
さらに食物繊維は、便秘にも効果を発揮することで知られていますし、肥満によって分泌が悪くなったインシュリンの出をよくする作用、血糖値の上昇を穏やかする作用、コレステロールの吸収を妨げる作用もあります。
このように寒天は、ただ単にカロリーが無いだけでなく、ダイエット、メタボリックシンドローム改善、糖尿病予防、高脂肪血症予防など、健康に大変役に立つ食材なのです。

トマト寒天の「トマト」にもダイエット効果、リコピンが糖尿病や美肌に効く

そしてトマト寒天のもうひとつの要素である「トマト」に目を向けてみます。このトマトも、生活習慣病の予防・改善・ダイエット・メタボリックシンドローム・美肌などに効果的であることが知られています。すでにご存知の方も多いでしょうが、これはトマトの赤色の元となっている「リコピン」の、強力な抗酸化成分がもたらすものです。老化の原因としてよく言われる「活性酸素」、この活性酸素は細胞や臓器の老化を促進させ、あらゆる病気を引き起こす原因となります。トマトのリコピンには、この活性酸素を抑制する働きがあるのです。
ちなみにリコピンの吸収率を揚げる為には、加熱調理した方が効果的といわれています。ですから、加熱したトマトと寒天によって作られる「トマト寒天」はダイエット用として、メタボリックシンドローム改善用として、糖尿病や高脂肪血症予防として、おおきな効果を発揮する食べ物なのです。

トマト寒天のレシピ・作り方

トマト寒天のレシピ・作り方をご紹介します。簡単に作ることができますので、普段料理をしない方でも安心です。

トマト寒天の材料(約5食)

トマトジュース(無塩のもの):450ml 水:50ml 粉寒天:4g

トマト寒天のレシピ

【1】トマトジュースと水、粉寒天を鍋に入れ、弱火で煮ます。
【2】ゆっくりかきまぜながら煮詰め、沸騰したら約1分ほど煮立たせて火からおろします。
【3】容器に流し入れて冷まします。あら熱がとれるまで室温で冷まし、あら熱がとれたら冷蔵庫に入れます。

【メモ】どうですか、簡単なレシピでしょ?味が苦手という方は、ダイエット甘味料やハチミツ、レモン汁などを加えてみてください。

楽天ウェブサービスセンター

CopyRight 2017暮らしのヒントAll right reserved.
-暮らしのヒントには役に立つ情報が集まっています-