低GIとは

何故低GI食品はダイエットや糖尿病、メタボリックシンドロームに効果的なのかなどを、血糖値やインスリンの関係から、わかりやすく説明しています。ここでは他にも低GI食品の紹介やレシピの話題なども紹介しています。ソイジョイやソーピード以外にも、血糖値の上昇がゆるやかな食品はたくさんあります。

低GIとは~低GI食品ダイエットが、ソイジョイ等で再び脚光を浴びています

少し昔、低GIダイエット(低インスリンダイエット)が話題となった時期がありましたが、近頃また、低GI食品のソイジョイなどのヒットで、注目をあびるようになりました。ではこのGIとはいったい何なのかについて説明したいと思います。GIとはグリセミック・インデックス(Glycemic Index)を略した言葉です。これを提唱したのはトロント大学のデビットジェンキンス博士達のグループで、1981年にこの考え方が世に発表されました。簡単に説明すると、「炭水化物を含む食品を食べたときの、血糖値の上がりやすさを表した数値」です。
このGI値が低ければ、血糖値の上昇は穏やかで、逆に高ければ、血糖値が急上昇するというものです。もともとは糖尿病患者の食事療法として、低GI療法が導入されました。そしてそれはダイエットにも効果的であったことから、「低インスリンダイエット」としてかつて流行しましたが、最近また、メタボリックシンドロームが取りざたされたこともあり、ソイジョイなどの低GI食品が人気を呼び、再び脚光を浴びるようになりました。

低GIと血糖値、メタボリックシンドローム、ダイエット、糖尿病との関係

低GIとは血糖値の上昇をしめす指数で、血糖値の上昇がゆるやかなソイジョイなどの低GI食品は、ダイエットや糖尿病に良いということでしたが、そもそも何故、血糖値が上昇すると肥満・糖尿病・メタボリックシンドロームにつながるのでしょうか?
大食いをしたり、GI値の高いものをたくさん食べたことにより、血糖値が急激に上昇した場合、たくさんのインスリン分泌が必要になる為、すい臓に大きなストレスがかかります。そして、血糖値の急上昇で大量の分泌されたインスリンには過剰分があり、このインスリンの働きによって、余ったエネルギー源は脂肪として蓄えられてしまうのです。つまり、こういった血糖値の急上昇を繰り返すような食生活を続けていると、脂肪蓄積で肥満がすすみ、メタボリックシンドロームとなったり、内蔵脂肪型肥満となったり、さらにはすい臓に大きな負担がかかり、いずれは糖尿病、高脂血症、さらには脳卒中、心筋梗塞といった、命にかかわる重大な病気に発展してしまいます。

低GI食品でダイエット(低インスリンダイエット)

豆腐低GI食品によるダイエット(低インスリン)理論では、総カロリーが同じでもGI値によって太りやすい・太りにくいが変わってくることがあります。なお、低GI食品に分類されるのは、GI値が55以下のものです。一番有名なのはソイジョイの成分でもある「大豆」ではないでしょうか(大豆のGI値は30)。以下に日常よく食べるもののGI値を掲載しておきます。

ご飯(白米)85、食パン 95、うどん 85、ロールパン 83、フランスパン 95 そうめん 80、
米飯(胚芽米) 70、パスタ 65、中華麺 61 お粥 57 ライ麦パン 55、
オートミール 55、そば 54、全粒粉パン 50 全粒粉パスタ 50、ご飯(玄米)50、玄米粥 47、大豆 30、

意外なところでは、フランスパンが高いことと、パスタが低いことでしょうか。でも、確かにパンは太りやすいということを、体感で身に覚えのある方も多いのではないでしょうか。これによれば、パンを食べるなら全粒粉、ご飯は玄米、麺類はそばがダイエットや糖尿病などの病気予防に良いことになりますね。

人気低GI食品の紹介、ソーピード(thorpedo)について

ソーピードソーピードは食べ物ではなくスポーツドリンクです。スポーツ中にソービートを飲むことで、脂肪の燃焼を促進し、炭水化物と脂肪の両方をエネルギー源として効率良く、そして長い時間にわたって利用できるようになるというものです。
ソーピードはですが、2008年の春にリニューアルされ、脂肪の燃焼を促進させるL-カルニチンが、100mlあたり20mg含まれるようになり、より脂肪燃焼効果をアップさせました。
パッケージには、グリセミック・インデックス・リミテッド社で正式に低GI食品として認定された証である「低GI食品マーク」もついています。ソービートは普段のジュースがわりでも良いですが、ジョギングや自転車など、ダイエットに運動を取り入れている方には特におすすめです。もちろん、競技目的で運動する方にとっても優れた低GI食品です。

低GI食品人気の火付け役、ソイジョイ(soyjyoy)とは

コミカルなCMでおなじみのソイジョイ(soyjyoy)は、GI値がわずか30しかない大豆を原料とした、低GI加工食品です。このソイジョイ1本には、大豆が35粒分も詰まっているそうです。このソイジョイが人気なのは、低GIということも勿論なんですが、美味しいというのも理由だと思います。
低GI食品は腹持ちも良いですし、お昼ご飯にソイジョイを購入する方は少なくないでしょう。

低GI食品レシピ

低GI食品のレシピについては書籍もいくつか出ていますが、白米よりも玄米、うどんより蕎麦、パンは強力粉ではなくて全粒粉やライ麦のもの(ホームベーカリーでも作れます)、野菜はじゃがいも(GI値90)やニンジン(GI値80)は避け、GI値が30以下のトマト、ほうれんそう、レタスなど、果物は31のグレープフルーツにオレンジなど。これらの低GI食品をつかったレシピで料理すると良いでしょう。

楽天ウェブサービスセンター

CopyRight 2017暮らしのヒントAll right reserved.
-暮らしのヒントには役に立つ情報が集まっています-