難消化性デキストリンの副作用と効果

難消化性デキストリンといえば、とうもろこしや馬鈴薯のデンプン由来の成分で、、血糖値の急上昇を防ぎ、コレステロールや中性脂肪を低下させることから、美容目的のダイエットからメタボリックシンドロームの改善、そして糖尿病対策にまで、その効果が幅広く利用されています。ここではそんな難消化性デキストリンの副作用といった安全性、効果、体でこの成分が働く仕組みなどについて、わかりやすく解説をしています。

ダイエットや糖尿病に効果、とうもろこし由来の難消化性デキストリンとは?

難消化性デキストリンの材料となる芋ダイエット食品や糖尿病を気にする方むけの食品に、「難消化性デキストリン」という成分が含まれている事が増えました。なんだかとてもお堅い名前ですから、これはいったいどんな効果のある成分なのだろうと、気になった方も多いことでしょう。難消化性デキストリンとは、とうもろこしや馬鈴薯から生成される成分で、これ等に含まれるデンプンを、消化酵素アミラーゼで麦芽糖やブドウ糖などに分解した後に残る未分解物を集めた物で、人体に取り込んでも、ほとんど消化吸収されないものとされている水溶性の食物繊維です。

難消化性デキストリンなどメタボリックシンドローム対策、糖尿病対策に効果があると言われ、整腸効果、血糖調節、コレステロール低下、中性脂肪低下効果などが期待できます。そしてこれ等の効果については、厚生労働省が一定の機能表示を許可する特定保健用食品トクホにも指定されています。

食物繊維である難消化性デキストリンの副作用や安全性

ダイエットや糖尿病対策といっても、できるだけ安全性の高いもので行っていきたいものです。難消化性デキストリンの場合は、食物繊維であることから、あまりにも過剰に摂取すると、お腹がゆるくなる事が想像できますが、これといった副作用や安全性の問題は今のところ確認されていないようです。
薬剤で血糖値を下げようとすると、血糖値の急降下によって、低血糖が原因のめまいや昏睡状態といった危険な症状を引き起こす可能性がありますが、難消化性デキストリンによる血糖値の下降においては、このような危険性はないとされています。
難消化性デキストリンはミネラル類の吸収を阻害することなく、糖分の吸収をカットするのではなく、吸収の速度を遅らせることで、体に安全に作用していきます。このため副作用や安全性のメリットから、美容目的のダイエットからメタボ改善、糖尿病対策にまで幅広く使用されています。

難消化性デキストリンの効果は、ダイエットから糖尿病にまで。

難消化性デキストリンのサプリメント体内に摂取された糖は、腸で吸収されることになりますが、難消化性デキストリンは、この糖の吸収を阻害する効果があります。前項までに説明したとおり、カットするのではなく、あくまでもゆっくりと吸収されることで、安全性や副作用が少ないというメリットがありながら、血糖値の上昇を防ぐ効果があるのです。しかもミネラルの吸収は阻害しないという特性も持っています。
人間の体は摂取された糖がそのまま脂肪になるわけではありません。炭水化物などの糖質が体に入ってくると、血糖値が上昇しインスリン(インシュリン)が分泌されます。これ等はエネルギーとして各筋肉や臓器に送られる事になるのですが、余ってしまった分は脂肪となって体にためこまれます。摂取した糖が全てエネルギーとして使われれば良いのですが、血糖値の上昇が急であればあるほど、インスリンの分泌量が増え、体に「糖が余っているから脂肪にためこまなければいけない」と判断させることになします。その結果、脂肪がどんどんついて、ダイエットは必要なメタボリックシンドロームとなってしまったり、糖尿病などの深刻な症状を引き起こしてしまいます。
ちなみに、最近話題の食べ合わせダイエットや、低GI(低インスリン)ダイエットも、難消化性デキストリンでのダイエットのように、血糖値の上昇をゆるやかにする効果を狙ったものです。
また、また難消化性デキストリンには、血清コレステロール、中性脂肪の低下効果といった、メタボリックシンドロームに悩む方にうってつけの効果も持っています。

食物繊維である難消化性デキストリンには、便秘解消でもダイエットを支援。

食物繊維である難消化性デキストリンには、血糖値の急上昇を防ぐダイエット効果の他に、食物繊維ならではの便秘解消という効果も期待できます。便秘とダイエットの関係はとても深いものですし、便秘は肌荒れなどの症状を引き起こすことがありますから、難消化性デキストリンの効果は、美肌などの美容面にまで発揮される事となります。

楽天ウェブサービスセンター

CopyRight 2017暮らしのヒントAll right reserved.
-暮らしのヒントには役に立つ情報が集まっています-