バジルの育て方

トマトやチーズを使った料理にピッタリのバジルを家庭菜園・ガーデニングで栽培していみませんか?ここではバジルの育て方として、用土の準備に種選びから始まり、水やり、追肥・肥料、摘心、間引き、挿し木でのバジルの増やし方、病気と害虫の対策について、収穫と保存方法などを紹介しています。

家庭菜園・ガーデニングで、ハジル栽培が人気、育て方を覚えよう

バジルとツナのトマトスパゲティバジルと言えばハーブの代名詞、あるいは王様といった感のある最もなじみが深いハーブのひとつです。特にイタリア料理では欠かせない食材です。。実はこのバジル、種から簡単に育てることができ、収穫も随時できますので一鉢栽培しておくととても重宝します。育て方があまり難しくないことから、家庭菜園・ガーデニングでは人気があり、レストランなどでも自家栽培しているところがたくさんあります。
バジルの正しい育て方をおさえて、トマトやチーズなどを使った料理に活用して下さい。

バジルの種まき時期は

バジルの種まきは通常4月から6月下旬ぐらいに行います。バジルは暑さに強く、乾燥に弱いので、最も適しているのは梅雨に入ったくらいの時期とされています。なお、発芽温度は20度以上です。

バジルの育て方の最初、「用土や栽培場所選び、種まきについて」

バジルの発芽バジルの育て方のうえで、まず最初に行うのは、バジル栽培に適した場所と土を用意して種まきすることです。バジルは日当たりの良い場所を好みます、もし、日当たりの良くない場所で栽培すると、生育が悪くて軟弱な株となりますので注意です。
栽培に使うバジルの種は、ホームセンターなどで購入することになるでしょう。店頭で小さな袋に入って売っているものを購入してください。また、バジルの種をまき栽培する用土を準備しますが、乾燥しにくい粘り気のある土が適しています。バジルの栽培は家庭菜園・ガーデニングでの重要はかなりのものなので、腐葉土が混ぜられたバジル用の土も販売されています。
それから購入してきたらすぐに種をまくのではなく、バジルの種を撒く前に、1日ぐらい水に種を漬けて水分を吸わせて下さい。そうした種を、大体5cmくらいの感覚をもってまいていきます。また、この時に上から土をかぶせないで下さい、発芽するのに光が必要な為です。あとは水をたっぷりと与えて下さい。
ここでは何も難しいことはないと思いますが、いくつかバジルの育て方の最初ですので、ポイントを抑えて実行していきましょう。

バジルの育て方、「水やりや肥料・追肥」について

当然ながら水やりや肥料・追肥も、バジルの育て方の要素として大変重要です。バジルは乾燥に弱いので、土の表面が乾いてきたらたっぷりと水やりします、特に夏場は乾燥に注意してください。夏場は特に水やりに注意します。肥料・追肥も切らさないように行っていきますので、液体肥料を1週間に1回あたえて下さい。うっかり肥料を切らしてしまうと、下のほうから葉っぱが落ちていきますので注意してください。

バジルの摘心、間引き

バジルの葉が15cmくらいまで成長し初穂がでたら、切り戻しをしてわき芽を伸ばします。葉が重ならない様、太い茎を3本くらい残し、それ以外は抜いてしまいます。成長点を摘心し間引きすることで、バジルがよく育つようになり長く収穫できるようになりますので、せひ実行してください。

バジルの育て方・増やし方、「挿し木について」

バジル挿し木で増やすことが出来ます。芽先を葉が4、5枚になるように摘んで湿らした赤玉土に挿すだけでOKですす。挿し木をしたら、その根がでるまで乾かさないように注意し、半日陰の場所で管理し、その後は通常どおり日当たりの良い場所で栽培します。バジルは生命力が強く良く育つので、水の入ったコップに入れておけば根がでますので、そうして根が充分にでてから植えるという増やし方もできます。

バジル栽培中になる病気や害虫など

バジルは病気が少なくてありがたいのですが、虫には結構悩まされます。害虫はアブラムシがつきます。スプレーで水を掛けたり、ハケや筆で払い落とすだけで十分に対応できます。また、アオムシの食害につては、要らなくなった割り箸などで摘んで人の居ないところへ捨てましょう。まt、ナメクジにも注意してください。

バジルの収穫、保存方法

バジルが20cmぐらいまで育ったら収穫できます、だいたい7月から10月にかけぐらいの長い期間にわたって可能です。バジルを保存しておくには、乾燥させてビンなどに入れるか、冷凍保存しましょう。また、フードプロッセサーをお持ちであれば、オリーブオイルともにペースト状にし、ソースとして保存することも可能です。 これをニンニクやアンチョビと一緒にして火を通せばジルソースとしてそのまま使えます。

楽天ウェブサービスセンター

CopyRight 2017暮らしのヒントAll right reserved.
-暮らしのヒントには役に立つ情報が集まっています-