朝バナナダイエットの方法

朝にバナナをお腹いっぱい食べるとやせる?しかもお昼と夜は普通に食べて問題なく、運動も必須ではない。この簡単で始めやすい朝バナナダイエットの方法として、ここではその詳しいダイエット方法・やり方、失敗や成功の理由、酵素や果糖による効果、口コミの例などを掲載しています。

朝バナナダイエットとは、その効果や方法とは

今話題の簡単ダイエット、「朝バナナダイエット」に取り組む方が急増しています。何しろつらいことが一切無しで、方法もとても簡単明快、さらにその効果も口コミで話題となり、さらに便秘にまで効果ありということですから、これは試してみない手はありませんね。
この「朝バナナダイエット」は元々ネット上にてその方法が公開されていて、知る人ぞ知るダイエット方法として、口コミサイトやミクシィではすでに人気となっていました。そして朝バナナダイエットの知名度がグンと上がったのは、お昼の人気番組「おもいっきりイイテレビ」で紹介されたこと、そしてTBSの「ドリームプレス社」の中の企画である「D-1グランプリ」で、森公美子さんが半月で7キロも痩せたことによります。やはりゴールデン番組の影響ってすごいんですね。
さて、すっかり有名になった朝バナナダイエットの方法についてですが、実は方法と言ってもすごく簡単です。簡単に説明すると、「朝ごはんとして、バナナだけを制限無しに好きなだけ食べて水を飲む」、以上です。どうですか?あまりにも簡単すぎてビックリしたんじゃないでしょうか?しかも、お昼ご飯と晩ご飯については、特に制限無く好きなように食べてOKです。
あまりにも簡単な為、疑わしく思えるかもしれませんが、別にお金がたいしてかかるわけではありませんし、試してみても損はないはずです。朝バナナダイエットは方法が簡単で、苦痛じゃない、それでいて確かな効果が得られるというダイエット方法だからこそ、口コミの評判も上々なわけです。

なぜ朝バナナダイエットでやせれるのか、その効果の理由。

バナナの画像どうして朝にバナナを食べることがダイエットにつながるのか、まずそこを疑問に思うのが普通でしょう。「おもいっきりイイテレビ」でもしくみが紹介されていましたが、キーワードは「酵素」です。なんとバナナは、脂肪を分解・燃焼を促進させる酵素をたくさん持っており、これがダイエット効果を発揮するのです(バナナの脂肪分解促進酵素は、43度以上で破壊されますので、加工食品では意味が無いので、生のバナナを食べます)。
また、このダイエット方法のキモとして、バナナだけをたべるということも大事な要素です。目が覚めて数時間以内の、午前中は、前日までに食べたものの消化活動がまだ続いている時間帯なのです。その為、バナナだけを食べるという、単一の食品のみでの朝食というのは、内臓にかかる負担も小さくて、消化吸収もあがりますので、バナナに含まれる酵素の働きが、よりわかりやすく活発に動くわけです。

朝バナナダイエットは便秘に効果アリ?

朝バナナダイエットを続けていたら、お通じが良くなったと感じる方がたくさんいます。それもそのはずで、バナナは食物繊維をたくさん含んでいる果物です。ですので、便秘が解消されたり、肌荒れが落ち着いてきたりなど、朝バナナダイエットではダイエット以外の健康・美容面でも効果を期待することができます。

失敗しない朝バナナダイエット、成功への最後の要素「果糖」

これまでの説明のように、朝バナナダイエットは方法が簡単で、しかも便秘などの健康・美容面への良い副作用もあり、成功者が続出しているダイエットですが、失敗せずに成功しやすい理由として、最後に「果糖」について説明します。
バナナに含まれる甘味成分は果糖です。カロリーを気にして果物をあまり食べないという方がいます。しかし、果糖には脂肪燃焼の促進に効果的な糖分で、ジョギングでダイエットをしている方などは、ジョギング中の水分補給として、果糖入りのスポーツドリンクを愛飲している方がたくさんいます。果糖が脂肪燃焼を促進するということは、効率よく脂肪が燃やせます。脂肪が燃えれば長く運動できます。長く運動できれば、よりたくさんの脂肪を燃やすことが出来ます・・・と、いったような感じで、果糖はダイエットの友なのです。

朝バナナダイエットの方法

朝バナナダイエットの方法に色々と書いてきましたが、下記に詳細な朝バナナダイエットの方法を掲載しえときます。非常に簡単でお金もかかりませんから、ダメ元で一度試してみてください。

朝バナナダイエットの方法の基本、朝食はバナナのみでよく噛んで食べる

朝バナナダイエットの方法として最も基本の部分です。朝に食べるバナナに本数の制限はありませんので、好きなように食べて下さい。

バナナと一緒に飲むのは室温の水

朝にバナナを食べたら、冷蔵庫で冷やしたり、氷なども入っていない、室温の水をコップ1杯程度飲んで下さい。水以外の飲み物については、朝食が終わって方30分程度空けて飲みましょう。

朝バナナダイエットの方法にしたがえば、おやつも食べて良し

おやつを食べるのもOKですが、チョコレートや和菓子といったものがすすめです。夏場はキンキンの冷えたアイスクリームや、カロリーが少ないということで、氷菓を食べる方も多いのですが、体を冷やすものは避けた方が無難です。

晩御飯は普通に食べてよいが、夜八時までに食べて、0時前に寝る

これは眠る4時間前からは何も食べないようにして、規則正しい生活のリズムを保つように心がけるというものです。

でも、晩ご飯を食べてから寝るまでの間に、お腹が空いてしまったら

前項で書いたように、晩ご飯を食べ終わってから床につくまでの4時間は、やはり何も食べない方が良いのですが、どうしてもお腹が空いて眠れないというのであれば、果物を単品で食べてください、バナナ以外の果物でも大丈夫です。ゆっくりと、そしてよく噛んで食べて下さい。

朝バナナダイエットの失敗と成功の口コミ例

朝バナナダイエットの方法どおりに実行すれば、簡単で無理が無いですし、失敗はなさそうな気がしますが、失敗する方というのは、結果がでるのをあせりすぎる方が多いようです。成功の秘訣はとにかくあせらないことです。劇的に効果がでる断食やハードな運動によるダイエットとは違いますので、あるていどの時間がかかるのは仕方がありません。成功を急ぐ場合は、運動を組み合わせると早いでしょう。
朝バナナダイエット成功の口コミとしては、「効果はゆっくりですが、確実にやせています」、 「3ヶ月かかって3キロ落ちました」といったもので、逆に失敗の口コミとしては、
「1ヶ月やっていますが、効果が出ているような気がしない」「自分なりに長くやったつもりですが、効果が感じられないのでやめちゃいました」といった内容のものが多くなっています。
あせらずにじっくりと、正しい方法で、朝バナナダイエットとりくみましょう。

楽天ウェブサービスセンター

CopyRight 2017暮らしのヒントAll right reserved.
-暮らしのヒントには役に立つ情報が集まっています-